行住坐臥

なんでもありですが、ラーメンネタが多いとおもいますw

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

ふらの 藤阿久店 

0315.jpg
ふらの 藤阿久店





先ずは、メニュー
0354.jpg
0426.jpg
0456.jpg
品数豊富なメニュー構成ですね。
今は亡き「ふらの本店」で、夜な夜なお待ち合わせをしていたというあのシトには、やはり「野菜らーめん(とんこつ)¥800+野菜トッピング¥200」を禿しくオヌヌメしておきます(爆)















5633.jpg
らーめん味噌味¥650
恥ずかしながら「ふらの」全店で味噌を食べるのは、多分これで2度目だと思います。どちらも既に忘却のかなたですので、初めていただくような新鮮感がございますw












5820.jpg
ラードにて膜が張られたスープは、ラデブでの採点では煮込み系であると報告されておりますが、今回私が拝見いたしましたものは、素スープと味噌ダレ他調味料を鍋で合わせまして加熱するスタイル。野菜が高値の影響か野菜が一緒に煮込まれる姿は見れませんでした。しかし、スープを鍋に入れて火を入れるという点では、煮込み系であると考えられるのではないでしょうか。因みに、もやしはデポで別茹でされたものが結構な量乗っております。
そのような製作過程でできた味噌スープは、ニンニクが効いた塩気の強いタイプ。ピリカを代表する太田特有の味噌ラーメンとは、趣を異にしたもので、方向性は「くるまや」や「おおぎや」などの味噌ラーメンに非常に似ております。個人的には、くるまや>おおぎや>ふらの、と塩加減が違うように思います。














5921.jpg
麺は平打ちで少々幅が広めでウエーブがかったもの。やわらかめですがグミグミ感が残っており味噌にはうってつけの麺ですね。手打ち風?なんて思えますがそこまではないかなw











0200.jpg
メンマは、いたって普通の味付け。特筆はございません。









0032.jpg
見た目が某餃子に良く似ておりますが、ちょっと違いますw 
食べてみますと非常にジューシーなところも良く似ておりますが、大きさが一回り違っておりますし味付けも微妙に違うような気がいたします。パックン餃子のほうかな?w




やはり「ふらの」味噌ラーメンは、太田にて今だ一大勢力を誇る甘い白味噌系のものと、別物であると考えた方がよろしいようです。
それにしてもこのスタイルのラーメンが、ピリカ系統が数店ある太田の夜の街にて大繁盛していたと思うと、私的には、非常に感慨深いものがございます。








0654.jpg
餃子好きに朗報でございますw



ごちそうさまでした。




スポンサーサイト

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

太田市  :  trackback 1   :  comment 2   

コメント

度々名前を出していただき大変光栄でございますw

今日は路地裏の後どくろ房に集合って事でよろしいでしょうか?w
でもドリル好きなのり○むさんは、デリなんだろうなぁ~(爆)

会長 #- | URL | 2011.02.28 12:40  edit

会長さん

コメントありがとうございます。

エ○サイトの迷惑コメかと思いましたら、なんだ貴殿でしたかw
流石ラデブのコテハンアラシですね(爆)

GTR #- | URL | 2011.03.01 22:14  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://32gtr233.blog29.fc2.com/tb.php/34-ff6dca61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

らーめんハウス ふらの藤阿久店@太田

太田に古くからあるお店、ふらのふじあぐてんさんです。 ...

こんちゃん@らーめんヲタク | 2011.02.27 08:14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。